避妊薬にはアフターピルと低用量ピルがあります。それぞれの作用について解説します。

避妊薬購入の前に知っておきたいこと
避妊以外の効果

避妊以外の効果

  • 低用量ピルには、避妊以外にも月経痛の緩和、ニキビ改善、不妊症の予防、ガンの予防、更年期障害の改善など様々な嬉しい効果があります。
ジェネリックのアイピル

ジェネリックのアイピル

  • アフターピルは病院で処方してもらう場合、10000円以上します。ですがジェネリックのアイピルなら1000円前後で購入する事ができます。
アフターピル服用方法

アフターピル服用方法

  • アフターピルは正しく服用すれば高い避妊効果を得られる避妊薬です。服用の仕方、避妊できたかどうかの判断の仕方を知っておきましょう。
アフターピル常備の重要性

アフターピル常備の重要性

  • アフターピルは少しでも早く服用するほど避妊率が高くなります。避妊率を上げるためにも、もしもの時の為に常備しておく事が最も重要です。
低用量ピル服用方法

低用量ピル服用方法

  • 低用量ピルは毎日正しく服用すれば、ほぼ100%避妊できる避妊薬です。服用方法や飲み忘れてしまった場合などを解説します。
アフターピルの通販

アフターピルと低用量ピル

避妊薬について

日本は先進国の中でも、中絶をする確率がトップクラスと言われています。理由は様々ですが、「もしかしたら妊娠したのでは…」という状況になってしまった際に、対処方法を知らない女性が多いという事もあります。海外では一般的ですが、日本では避妊薬があまり普及していませんし、存在自体を知らないという方も多いです。女性ならいつどんな状況になってもおかしくありません。そのような時のために、必ず知っておくべき事のひとつが避妊薬です。

アフターピルとは

避妊に失敗したり、性犯罪に巻き込まれてしまったら…そうなってしまった時の為に、アフターピルという、事後に服用する事で、高い確率で妊娠を防げる避妊薬があります。アフターピルがあれば、生理日まで不安な気持ちですごす心配もありません。アフターピルは病院で処方してもらうと1錠10000円以上する大変高額な薬です。何故なら保険が適用されないからです。海外では格安で購入できる国も多いのですが、日本は現状では自己負担となります。ただし、価格を理由に購入を躊躇うべきではありません。

価格が気がかりな方にお勧めなのが、ジェネリックのアイピルです。通販で1錠1000円前後で購入出来ます。もしもの時の為に、女性ならアフターピルを常備しておきましょう。ただし、ホルモンバランスを急激に崩す薬なので、体へ負担がかかってしまいます。毎回使用するような薬ではないので、あくまでも緊急用の避妊薬と認識しましょう。

低用量ピルとは

日本では避妊と言えばコンドームが一般的ですが、失敗する確率は20%もあるとされています。日常的に避妊薬で避妊をしたい方は、低用量ピルがお勧めです。低用量ピルにはトリキュラーマーベロンダイアン35など様々な種類があります。毎日同じ時間に服用すれば、ほぼ100%避妊できます。副作用も殆どなく、安全性の高い避妊薬です。日本では低用量ピルを服用している女性は3%以下と言われていますが、フランスでは60%以上の女性が服用していると言われています。また、それ以外にも生理不順、生理痛の緩和、ニキビの改善など様々な効果があります。また、更年期障害の辛さの緩和のために使われたり、女性特有の癌予防にもなるとされています。女性には嬉しい効果がたくさんある素晴らしい避妊薬です。

低用量ピルも通販で購入出来ます。避妊薬は日本ではあまり一般的ではありませんが、女性であればいつ何があってもおかしくありません。望まない妊娠や中絶となってしまうと、女性の人生を大きく左右してしまいますし、子供も不幸になってしまうかもしれません。自分の為にも避妊薬について知っておきましょう。

アフターピルとは

アフターピルは緊急避妊薬とも言われ、避妊に失敗した時などに、事後に服用すれば避妊ができる避妊薬です。服用時間が早ければ早いほど効果が高くなり、24時間以内の服用で95%、72時間以内で75%の効果があると言われています。翌日の朝に飲んでも効果がある事から、「モーニングアフターピル」とも呼ばれています。ホルモンバランスを急激に変化させて排卵を抑制し遅らせる事で受精を防ぎます。

アフターピルには2種あり、ヤッペ法とノルレボの2種類があります。従来はヤッペ方が主流でしたが、ホルモン量が多く、副作用も多いとされていました。アフターピルの副作用として多いのは吐き気ですが、吐いてしまった場合、薬の一緒に体の外に排出されたり、2回服用する必要があるので、飲み忘れる場合があるなどのデメリットが多いものでした。

現在主流となっているのはノルレボです。ヤッペ法を改良したもので、ホルモン量も抑えているため副作用も少なく、殆どは1度の服用のみでいいようになっています。日本の病院で処方されるのも殆どがノルレボです。ただし、アフターピルは保険適用外なので高額になってしまいます。通販なら格安で購入する事が出来ます。また、病院に行くのに抵抗がある方や時間がないという方には、妊娠検査薬も通販で購入するのがお勧めです。専用の検査シートを使えば、5分で自分で結果がわかります。誰にも知られたくないという方は、通販でアフターピルと一緒に購入しましょう。

避妊薬を通販で購入するには

避妊に失敗した場合などに服用するアフターピルや、毎日服用する事でほぼ100%避妊できる低用量ピルなどの避妊薬は、市販はされていない医薬品です。購入するには基本的に病院で処方してもらう必要があります。病院であれば医師の診断なので確実なのは間違いないのですが、薬が高い、休診や診察時間外の場合もある、行くのが手間、誰かに知られてしまうかもしれないなどのデメリットがあります。

個人輸入代行業者

特にアフターピルの場合は、服用するのが早ければ早いほど避妊率があがる薬なので、早めに服用する事が大切ですが、そんな時に病院が休診日だった事で運命が分かれてしまうかもしれません。そんな時にお勧めなのが、通販で購入する方法です。正確には個人輸入代行業者というものを利用します。海外には日本では販売されていないジェネリックが多数販売されていますが、購入するには個人輸入という方法になります。しかし、言語の問題や手続きの複雑さから、素人には難しいのですが、それを代行してくれる会社です。

日本人向けのサイトになっているので勿論サイトも日本語ですし、スタッフもほとんどが日本人なので外国語は必要ありません。ネットや電話、FAXなどから注文でき、ごく一般的なサイトと同じように、購入する商品を選び、住所などを入力して決済方法を選ぶだけです。送料は1000円前後かかりますが、基本的にはそれ以外に手数料などはかかりません。いつでもどこでも購入でき、誰かに知られる心配もありません。サイトによっては郵便局留めに出来る場合もあるので、家族に知られたくないという方も安心です。ただし、海外からの発送になるので、到着までは1週間程度かかります。

アフターピルは病院では10000円から15000円かかる高価な薬ですが、ジェネリックのアイピルなら1000円程度の安さで購入する事ができます。安く簡単に買いたい方にはお勧めです。

悪質サイトには注意

注意点は、中には悪質なサイトがあるという事です。他のサイトなどに比べて極端に安かったり、クレジットカード決済が出来ない場合は怪しい可能性もあります。偽物の薬を販売している事もあるので、十分注意しましょう。特にアフターピルは女性ならいつ必要になるかわかりません。もしもの時のために通販で安く購入して、常備しておくことが大切です。