アフターピルは避妊効果の高い避妊薬ですが、その分注意点がいくつかあるので、服用前に確認しましょう。

アフターピルの通販

アフターピルの注意点

アフターピルの注意点

避妊に失敗してしまったりした場合に事後に服用すれば高い避妊効果のあるアフターピルという避妊薬ですが、服用に際しては注意点がいくつかあります。

副作用

アイピルなどは副作用が少ないように改良されていて、殆どが起こらならないとされていますが、吐き気、頭痛、胸のはり、腹痛、めまい、血栓症などがあります。多くの場合は24時間以内におさまると言われていますが、長引いたり、ひどいようなら病院に相談しましょう。

吐いてしまったら

吐いてしまったら

副作用として最も多いと言われるのが吐き気です。もしも2時間以内に吐いてしまったら、もう一度服用しましょう。吐かないように吐き気止めを服用したり、満腹時、空腹時、お酒を飲んだ後などには服用しないようにしましょう。

煙草に注意

副作用のひとつに血栓症のリスクが高まるという事があります。健康な人であれば問題はありませんが、煙草には血栓症のリスクを高める作用があります。血栓が発生し易く、心臓や循環器系に影響が出る可能性があります。ピルと煙草の相性は元々よくないと言われていますので、服用している間は喫煙は控えましょう。また、35歳以上で一日15本以上煙草を吸う方は服用できないとされています。

常用は禁物

アフターピルは高い避妊効果がありますが、その分作用も強く、体に負担になってしまいます。あくまでも緊急用の薬とし、常用するのは避けましょう。日常的に避妊薬で避妊をしたい場合は、低用量ピルを服用しましょう。

服用できない人

服用できない人

既に妊娠している方は服用できません。高血圧の方、糖尿病の方、子宮体がんや偏頭痛の持病がある方、肥満の方、手術後もしくは手術予定の方も服用はできません。このような方がアフターピルを服用し、死亡した例もあります。心配な方は事前に医師に相談しましょう。

用量を守る

当然ですが、用量は必ず守りましょう。「多く飲んだ方が効果が上がりそう」などと誤解して、決められた量よりも多く服用するのは危険なので絶対にやめましょう。