アフターピルは、女性ならいつ必要になるかわかりません。すぐに服用するためにも、通販で購入して常備しましょう。

アフターピルの通販

アフターピル常備の重要性

アフターピル常備の重要性

避妊に失敗してしまったり、性犯罪にあってしまったり…女性なら誰でもそのような可能性があります。もしもそうなってしまった場合、生理がくるのをただ怯えながら待つしかないのでしょうか?

実は日本ではあまり知られていませんが、アフターピルというものがあります。事後に服用すれば高い確率で避妊する事ができます。この事を知っているのと知らないのとでは、人生を変えるほどの違いがあります。望まない妊娠や中絶という事になってしまったら、大変な思いをするのは女性です。

病院では時間がかかる

病院では時間がかかる

アフターピルは服用する時間が早いほど効果が高い事から、1分1秒でも早く飲む事が望ましいです。ですがその時に病院が休診だったり行く時間がなかったり…という可能性はいくらでもあります。すぐに行けたとしても病院までの時間、病院での待ち時間、診察時間、処方されるまで…と時間は過ぎていってしまい、避妊率も比例して下がっていってしまいます。そうならない為にもアフターピルは常備しておきたい薬です。

病院では常備薬として処方してもらえない

しかし、問題が2つあります。それは1錠10000円以上するという事と、病院ではその時に必要な薬しか処方されないので常備薬として購入しておく事ができないという事です。保険が効かないので、必要になるかどうかもわからない薬に10000円以上も払うのは勇気がいる事です。また、払える状況だったとしても処方してもらえないのでは意味がありません。

通販で購入すれば常備が可能

通販で購入すれば常備が可能

そこでお勧めなのが、通販でジェネリックを購入するという事です。ジェネリックならアイピルというアフターピルを1000円程度で購入する事ができます。勿論通販ですので、ある程度の量までならまとめて購入できるので常備しておく事も可能です。1000円程度ならもしも利用しなかったとしても(利用する機会がないのが勿論一番ですが)仕方ないと割り切れるのではないのでしょうか。いつでもどこでも購入できて便利な上に、かなり安いため人気になっています。

アフターピルはお守り代わりに持っている女性が増えています。防災用品のようなものだと思い、自分を守るためにも、是非通販で安く購入して常備しておきましょう。