アフターピルは早く服用する事が最も大切です。避妊できたかの判断の仕方も知っておきましょう。

アフターピルの通販

アフターピル服用方法

アフターピル服用方法

アフターピルは、避妊に失敗したり、性犯罪に遭ってしまった時に、事後に服用する事で高い効果を得る事ができる避妊薬です。12時間以内の服用で95%、24時間以内で90%、72時間以内の服用で75%の避妊率があると言われていて、早いほど効果が高くなります。一般的な薬と同じように、水やぬるま湯で服用するだけです。服用する事で、受精卵を子宮に着床させないようにします。

常備がお勧め

服用するにあったって、大切な事は一刻も早く服用する事です。病院では休診日などの場合もあるので、通販などで購入して常備しておくのがお勧めです。アフターピルにも色々と種類がありますが、アイピルなどは1回服用するだけで効果が得られるので大変便利になりました。また、副作用も少ないように改良されています。副作用は吐き気が最も多いですが、もしも服用してから2時間以内に吐いてしまった場合、薬の成分を吸収できていない可能性があるので、再度服用しましょう。

避妊できたかの判断

避妊できたかの判断

高い避妊率がありますが、100%ではありません。成功したかどうかの判断は、服用後に出血があるかどうかです。これは生理周期によっても異なるので、人によってかなりまちまちです。早ければ3日後、遅い場合は3週間後になる場合もあります。3日よりも早く、あるいは3週間が過ぎてもない場合は妊娠してしまっている可能性があります。早めに病院に行くようにしましょう。万が一妊娠していた場合、産むにしても中絶という事になるにしても、早く結果を得た方がいい事にはかわりません。

ただし、出血があっても排卵出血など他の原因である可能性も考えられ、100%避妊出来ているとは言えない事もある為安心できません。心配な場合、妊娠検査薬での検査をお勧めします。現在は通販で購入する事ができます。専用のシートで5分程度で確認する事ができます。アイピルとセットで販売されている事も多いので、心配な方はまとめて購入するのがお勧めです。