アフターピルは高額な避妊薬ですが、ジェネリックのアイピルなら1000円程度で購入する事ができます。

アフターピルの通販

アイピル(ノルレボのジェネリック医薬品)

アイピル(ノルレボのジェネリック医薬品)

アフターピルは、事後の後に服用すれば高い確率で避妊ができる避妊薬です。24時間以内に服用すれば約95%の避妊効果があると言われています。女性ならもしもの時のために常備しておきたい薬ですが、市販はされていません。病院で処方してもらう必要がありますが、その場合、1錠10000円以上もする大変高額な薬です。これは保険が適用されない為です。さらに診察費などもかかります。

安く購入するには、実はジェネリックのアイピルというものがあります。このアイピルなら、1000円程度で購入する事ができます。ジェネリックは日本でも見かける事が増えてきましたが、安い薬という事は多くの方が認識しているかと思いますが、何故安いかご存知でしょうか?

医薬品の特許

医薬品は、先発薬とジェネリックと言われている後発薬の2つがあります。薬には特許というものがあり、約20年間は、他の製薬会社は同じ薬を販売できないと定められています。これにより、先発薬を開発した会社はその薬による売り上げを独占できます。薬の開発には、数億円の費用と10年前後の年月がかかりますが、利益により開発費などを回収します。この制度がないと、新しい薬を開発する会社が激減するのが予想され、医薬品の発展しなくなってしまう懸念がある為、大変重要な制度です。

ジェネリックの安全性

ジェネリックの安全性

薬の特許が切れてから、他の製薬会社からジェネリックが販売されます。もともと販売されている薬の成分なので、試験や開発には費用や時間がそれほどかからないので、先発薬の2割から7割程度の低価格で販売されます。薬の成分や効果は同じでなければいけず、厚生労働省の厳しい審査を通過しなくては販売できません。効果、効能、安全性などは、先発薬とジェネリックはほぼ同等の薬と言えます。

インドのジェネリック

多くの国はこのようになっていますが、インドなどは薬事法は異なり、先発薬が販売されてすぐの先発薬のジェネリックも販売されています。安全性が気になる方がいるかもしれませんが、インドはジェネリック大国と言われていて、国境なき医師団などにも利用されています。信頼性は非常に高い薬信頼性は非常に高い薬です。アイピルなどのジェネリックは、通販で購入する事ができます。万が一の時に慌てないように、ジェネリックを通販で購入して常備しておきましょう。