トリキュラーは日本の病院でも最も処方される機会が多い低用量ピルです。

アフターピルの通販

トリキュラー

トリキュラー

トリキュラーは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれている低量用ピルのひとつです。日本の病院でも処方される機会が多い人気のある避妊薬です。低用量ピルの中でも副作用などが少なく、安心して服用する事ができると言われています。その理由は、三相性ピルというものに分類される為です。一相性はホルモンの配合量がすべての錠剤で同じになっていますが、三相性は、服用する日に合わせて変化します。この為、自然な形でホルモンを摂取する事ができます。また、トータルで摂取するホルモンの量が他のピルに比べて少なくなっています。以上の事から、体への負担も少なく、副作用も少ないとされています。

それぞれのホルモンの量は、下記のようになります。(単位はmg)
1日目から6日目・卵胞ホルモン0.03 黄体ホルモン0.05
7日目から11日目・卵胞ホルモン0.035 黄体ホルモン0.075
12日目から21日目・卵胞ホルモン0.03 黄体ホルモン0.125

飲み忘れに注意

飲み忘れに注意

注意点は、飲み忘れてしまったり、飲む順番を間違ってしまうとリスクが大きくなってしまう事です。3種類の錠剤はわかりやすく色分けをされていますが、飲み間違いにはくれぐれも気をつけましょう。もしも飲み忘れてしまうと、避妊効果がなくなるか薄くなってしまいます。12時間以内であれば、飲み忘れた分をすぐに服用します。服用を始めてから1週間程度は特に注意が必要になり、妊娠の危険が高まってしまう為、2週間は他の避妊方法を併用するのが望ましいです。1週間以上飲み続けていた後であれば、気付いた時に服用すればほぼ心配ありません。ただし、2日以上飲み忘れてしまった際には、効果がほぼなくなってしまいます。その場合は一旦服用を中止し、次の生理日に新たなシートの1錠目から服用するようにしましょう。

通販がお得

トリキュラーは病院で処方されるとだいたい28日分が2000円から3000円とされています。通販なら1000円前後となり、安く購入する事が可能です。健康面で心配な方は病院で処方してもらった方が安心ですが、特に問題がないという方は、通販で安く手軽に購入するのがお勧めです。