中絶は女性に大きなダメージになってしまいます。そうならないために、避妊薬の服用をお勧めします。

アフターピルの通販

中絶について

中絶について

中絶は、一般的には人工妊娠中絶の事を指します。母体の中いる胎児を、人工的な手術などによって妊娠を中絶させる事です。中絶ができるのは、妊娠5週から22週未満と法律で決められています。それ以降になると中絶は認められていません。当然時間が経てば経つほど母体への負担もかかる費用も大きくなります。中絶するなら早めの決断が肝心です。

中絶手術

妊娠初期と中期で手術方法は異なり、初期の場合は掻把法か吸引法という方法になります。手術自体は10分程度で終了し、問題がなければ日帰りが可能です。費用は200000円前後です。中期になると、人工的に陣痛を起こし、実際の出産と同じように出産します。多くの胎児はすぐに死亡してしまいますが、成長が早い場合は産声をあげる事もあります。手術の後は数日間入院する必要があります。300000円以上かかると言われています。また、中期で中絶した場合、役所に届けなくてはなりません。中絶する場合、夫(未婚の方は相手の男性)の同意書が、さらに未成年の場合、親の同意書が必要になります。

心と体へのダメージ

手術後は月経不順になりやすく、感染症の危険があります。また、中絶を繰り返すと妊娠しにくくなったり、流産や早産のリスクも高まります。子宮破裂を起こしてしまう可能性もあります。また、精神的にも罪悪感に苛まれ続けたり、パートナーとの気持ちのすれ違い、人間不信に陥る、うつ病、情緒不安定、最悪の場合は自殺というケースもあります。

心と体へのダメージ

日本の中絶率は先進国でもトップクラスと言われています。大きな理由が、避妊方法です。日本の女性は避妊薬に関する知識がなく、避妊と言えばコンドームで、妊娠の危険があっても生理日まで怯えてすごすしかないと思っている方が多いです。海外ではしっかりと教育される国も多いのですが、日本ではあまりそういうケースはありません。

避妊薬について知っているかどうかではもしもの時に全く違ってきます。日常的に避妊をしたいのであれば低用量ピルを服用し、避妊に失敗したり性犯罪に遭ってしまった場合は、アフターピルを服用しましょう。すぐに服用できるように、通販ジェネリックのアイピルなど安いものを購入しておき、常備しておく事が最も大切です。